現在地
  1. トップページ
  2. 「青天の霹靂」という名の新品種

宅配農場「精米人」 EC店長ブログ

当サイトの担当者が取り扱い商品や生産者に関わるホットな情報をお伝えします。

「青天の霹靂」という名の新品種

2014年12月27日

昨今、各都道府県がこぞって各地特産の新品種の開発を急いでいます。
北海道ゆめぴりか、ななつぼし。山形県つや姫。熊本県もりのくまさん。佐賀県さがびより。
全国区の新品種だけでもこれだけありますが、その他にも多数新品種がございます。
みな目指せ「特A」!という風潮です。

個人的には新品種の開発は大歓迎です。
ただ、産地の想いがあまりにも強すぎる場合は少し考え物かなと。
自分たちの産地のPRをするのも大事なのですが、やはり消費者のニーズにあったようなものでないと、この新品種戦国時代を勝ち抜いていくには厳しいのかと思います。

さて、前置きが長くなりましたが、今回は青森県から新品種の登場です。
その名も「青天の霹靂(せいてんのへきれき)」。

青天の霹靂デザイン初お披露目

名前インパクトもさえることながら、このデザイン。
コメの銘柄では異色の「青」を基調とし、空が割れて稲妻のようにコメが飛び出す様子を表現したといいます。

名前があまりにもお米の名前とかけはなれずぎているのと、一般的な諺と混同してしまうのではないかという懸念。また、食味をあまりそそらない色の代名詞「青」をフル活用したデザインの影響。まだ試食をしておりませんので味に関しまては何とも言えませんが、青森県は米の産地なだけに最初のインパクトだけで止まらないで欲しいと思います。
  • コーポレートサイトへ