現在地
  1. トップページ
  2. 平成26年産米食味ランキング発表!

宅配農場「精米人」 EC店長ブログ

当サイトの担当者が取り扱い商品や生産者に関わるホットな情報をお伝えします。

平成26年産米食味ランキング発表!

2015年02月25日

遂にこの季節がやってきました!
「米の食味ランキングの発表」です。
すでに結果をご存じの方もいらっしゃると思いますが、平成26年産米に関しましては「特A」が過去最多の42銘柄認定されました。

今回初めて「特A」を取得した産地品種は

・岐阜県・飛騨コシヒカリ
・島根県・つや姫
・愛媛県・ヒノヒカリ

の3産地品種です。少しずつですが西日本のお米も評価が上がってきています。
宅配農場でも取り扱いが多い兵庫県産コシヒカリは去年に引き続き「特A」ですし、山形県産つや姫もなんと5年連続「特A」に認定されています。

滋賀県産みずかがみに関しましては去年は参考品種で「特A」でしたが、作付けが本格化したH26年産に関しては「A」に評価が下がりました。

産地としては「特A」を目指そうという一つの目標があるため、結果として毎年認定数が増えてきているのだと思います。

ただ、私は懸念します。これだけ「特A」が増えてきたとしてもまだ半数以上の銘柄は「コシヒカリ」です。また、毎年ランキングが更新されるのですが、評価が上がる銘柄もありますが、一方で評価が下がる銘柄もあります。毎年「特A」を維持することはなかなか難しいと思いますが、品質を維持し、その銘柄の知名度を広げていく。そういった努力を地道にやっていかないと新品種はすぐに廃れていく運命にあるかと思います。
始めはもの珍しさで消費者は購入するかもしれませんが、「コシヒカリ」との違いが明確でない限りはすぐに消えてしまう可能性があります。

とは言うものの、色々なタイプのオリジナリティー溢れるお米が出てくるのは良いことです。どんなお米であろうと、まずは試食していただく必要があると思いますので、宅配農場でもできる限り新品種を取り扱えるように努力していきます!
  • コーポレートサイトへ