現在地
  1. トップページ
  2. お米の評価基準

お米の評価基準

お米の特徴を表すキーワードに「香り」「味」「外見」「粘り」「食感」の5つのキーワードがあります。

香り。

お米には5つの香りがあります。
1.炊いているときの湯気の香り。
2.ふ たを取ったときの香り。
3.ほぐしたときに立ち上がる香り。
4.茶碗に盛っ たときの香り。
5.口に含んだとき、口から鼻に抜ける香りです。

味。

味を表現する言葉が少ないのがお米の特徴です。
「甘い」「冷めても甘 い」「食べごたえのある味」「しっかりとした味」「どっしりとした甘み」「さ っぱりとした甘」みといった言葉しかありません。

外見。

外観には炊き上がったときの米粒感を表現する言葉があります。
「水っ ぽい」「パサついている」は悪いお米に使い、「ツヤがある」「みずみずし い」はいいお米を表現する言葉です。
「粒が大きい」「かたちが揃ってい る」「立ち具合がいい」という表現も。

粘り。

お米には口に入れたときに、すぐに広がる粘りと、噛むことで出てくる 粘りもあります。

食感。

単純に「硬い」「柔かい」という表現だけでなく、「もちもち」「ふっくら」と いう表現も。

  • コーポレートサイトへ