現在地
  1. トップページ
  2. ㈲コスモ21

Logo2013-12-22_200447

Main

所在地 島根県仁多郡奥出雲町

人数
12名
面積
100ヘクタール
受賞歴
全国米食味分析鑑定コンクール 2年連続金賞、全国優良担い手表彰 農林水産省経営局長賞

President

代表者プロフィール

名前 藤原一利 年齢 76歳
血液型 A型 星座 みずがめ座
就農歴 62年 趣味 骨董品収集
ごはんのお供といえば?
漬物(地域で収穫された野菜をつけたもの)、みそつけ(大根を味噌に付け込んだもの、戦中戦後の食糧難の折に保存食も兼ねて、仁多地域で漬けられていた)
ひとことアピール
「西の横綱」仁多米の自慢の味を是非!

農家が語る「美味しさの秘密」とは

気候

Kikou

標高300~500メートルにあり、登熟期間に日較差(昼夜の気温差)が大きく、そのため米粒内でのデンプン蓄積が多く、逆にタンパク質が必要以上に増えず、乳白粒が少ない良質米ができます。

Mizu

地域面積の86%を占める豊富な森林に覆われた花崗岩から湧き出るミネラル分たっぷりの石清水、そして太古から蓄えられた森の養分と、12月下旬から3月上旬までの積雪により、雪に含まれた海からのミネラル分が水田を潤し、美味しいお米を生産します。

Tsuchi

出雲国風土記にも語られているように、昔から稲作と一体となった和牛の飼育が盛んな土地柄が、有機質に富んだ水田を育んでいます。その稲作の元肥に堆肥を使い、稲を刈り取った後の稲藁を飼育の飼料にしています。 毎日の食生活からくる野菜くずや魚のアラ、米糠をもとにした有機肥料も使用しており、循環型農業が日常的に営まれています。

情熱

Jonetsu

農薬をできるだけ使わない自然農法にこだわり、山間の棚田状の地形のため徹底した水田の水管理、畦畔の草刈りなどを丹念に行って病害虫の発生を防ぐなど、収穫まで絶えず気を配っています。

取り扱い商品